過払い金請求のデメリットはある?

過払い金請求のデメリットとして真っ先に思い浮かぶ事と言えばブラックリストに載ることですよね。

 

実は、過払い金請求でブラックリストには絶対に載ることはないのです。

 

過払い金請求でのブラックリストと言える「契約見直し情報」は、平成22年4月19日に廃止されたので、過払い金請求では原則的にブラックリストに載ることがなくなったのです。

 

また、すでに「契約見直し情報」に登録されていたとしても、その情報は削除されるので、平成22年以前に過払い金請求をした方もご安心ください。

 

ブラックリストに載ってしまうケースとは?
過払い金請求のデメリットとして考えられるブラックリストの掲載は心配ないというお話をしましたが、実は例外的にブラックリストに載ってしまうケースがあるのです。

 

それは、返済する債務が残っている場合に、過払い金があまり発生しておらずに債務を完済できないと言うケースです。そうなると過払い金としてでは無く「債務整理」という扱いになってしまいブラックリストに5年間も掲載されてしまいます。

 

返済中の過払い金請求でも、ちゃんと完済となる場合はその対象外となるので、あなたがすでに完済しているとしたら問題ありません。

 

完済の解釈の違いにご注意を
過払い金を返還を受けて債務をすべて相殺できて完済できれば、ブラックリストというデメリットは起こりません。

 

ですが、この完済の解釈のしかたが消費者金融や信販会社によって違ったりもします。

 

この解釈の違いがあなたのブラックリスト入りの命運を握っているので、借り入れをしている消費者金融やクレジット会社が完済についてどんな解釈をしているのか?調べたほうが良いです。

 

なお、これは専門家の弁護士や司法書士に相談をお勧めします。

 

餅は餅屋ということわざの通り法律のことは専門家の弁護士や司法書士に任せるのが過払い金請求のデメリットを回避する事にもつながります。

過払い金の無料相談ってどうなの?

過払い金請求を弁護士や司法書士のようなプロに依頼すると相当な報酬を支払う様に一般的には思われています。

 

ですが、過払い金請求の場合は、成功報酬として返ってきた金額の20%前後となっているのです。

 

つまり、確実に過払い金が返還され、負担も大きくなく済むという事です。

 

無料相談を行っている弁護士事務所も多いので試しに相談して金額等の話も聞いてみると良いかもしれませんね。

 

もちろん、消費者金融などが違法に請求してきたグレーゾーン金利をあなたが返還請求するのは当然の権利と言えるので個人で請求を行っても形式上問題ありません。

 

ただ、個人ではなかなか難しいのが現実だったりします。

 

個人で過払い金請求するとこうなる
あなたが過払い金請求する相手は、消費者金融会社やクレジット会社、そして雇われている提携弁護士です。

 

つまり金融や法律のプロという事です。そんなプロ達を相手にするなら、相当な勉強が必要になります。知識がないのが相手にバレると、ナメられてしまい次のような対応をしてきます。

 

○請求をあきらめるまで放置
○屁理屈をこねて対応しない
○いやがらせの様に借金を請求

 

相手はプロですので、どれだけ強がってもすぐに知識がない事がバレ、このような対応を取られます。

 

プロVSプロ
相手が金融・法律のプロで個人を軽視するなら、こちらもプロを呼ぶしか方法はありません。

 

そうです。

 

司法書士や弁護士に、過払い金請求を依頼するという事です。

 

さすがに相手はプロが出てくると対応するしかありません。やっとこれで同じ土俵に上がって話し合いができるようになるのです。

 

完全借り手市場
同じ土俵に上がったのは良いですが負けることはありませんか?

 

そう思うかもしれません。

 

でも、大丈夫です。

 

過払い金請求とはもともと支払っていた違法な金利を取り戻すことを言います。違法という事はあなたが本来支払う必要がなかったの金利で、返してもらうのは当たり前の権利と言っても過言じゃないです。

 

つまり

 

完全な借り手市場

 

と言えます。

 

なので司法書士や弁護士に依頼すれば間違いないのです。

 

頼れるのはやっぱり
借り手市場と言っても、専門知識がない限り個人での過払い金請求はとても難しいのが現状です。

 

なので確実により多く過払い金を返還させるためには信頼のおける司法書士や弁護士に依頼することが最善の策と言えるでしょう