過払い金請求を自分でやるかプロに依頼するか

過払い金請求をプロに相談しようか、それとも自分でやってみようか?
そんな悩みを持っている債務者は、以外に多いものです。

 

では、実際にあなた自身が、過払い金請求を行うとしたら、どんな作業が必要なのか、ざっくり説明します。

 

1、過去の明細書や契約書を調べます。

 

まずは自分の借金の履歴を、知らなければなりませんよね?

 

いくらあるのかを知らなければ、過払い金の計算をすることが出来ませんから。

 

2、過払い金の計算
計算方法はここでは省きますが、実際に過払いしてしまった金利を出さなければなりません。

 

3、交渉
自分が借り入れをしていた業者に、過払い金を変換するよう依頼します。ですが、業者は払うお金が少ない方が良いので色々な理由をつけたり、あなたの足元を見るなどの手段を使い、金額を下げにくる可能性が高いです。

 

ざっくりこの3つの作業をしますが、これらを借り入れをしている消費者金融、クレジット会社の数だけ行います。

 

『面倒くさっ!!』

 

そうなんですよ。

 

なので、実際に過払い金請求を自分の力で行う人は少なくプロに相談をして解決しています。

 

【そもそも、過払い金はなぜ発生するのか】

 

それを説明するには、まずグレーゾーン金利を知る必要があります。

 

貸金業法の改正が施行される平成22年6月以前は借り入れの利息を定める法律が利息制限法と出資法の2つがありました。

 

そしてそれぞれの利息の上限が15%〜20%(利息制限法)と29.2%(出資法)このような大きな開きが存在していたのです。

 

実際は15〜20%で良い金利を、業者は出資法を元にした金利を取っていたというわけです。この金利の差額がグレーゾーン金利と言います。本来、債務者はグレーゾーン金利を支払う義務は無いので払いすぎていた分の金利を返還するよう求めることが過払い金請求と呼ばれるものです。

 

【法律が絡むので・・・。】

 

やはりプロの司法書士や弁護士事務所に、依頼するのが良いです。また、プロに依頼すると、明細書や契約書が無くても過払い金請求をしてくれます。さすがですよね。

 

自分の力で物事を解決するのはとても素晴らしいことですが、自分だけの力ではどうにもならない事もあると思います。

 

そんな時はその道のプロに相談する事で実現不可能だった結果を手にする事も出来ます。

 

なので、まずは無料相談を利用して過払い金請求で良い結果を出せるプロのパートナーを見つけましょう。

過払い金相談は悪徳弁護士に注意

一向に待っても来ない連絡

 

いつまで経っても終わらない支払

 

なんか、業者に有利な条件じゃない?

 

過払い金請求を勇気をだして、弁護士に依頼。楽になるはずだったのに。

 

現在、多くの弁護士・司法書士が、過払い金請求を代理してくれますが、ちゃんと選ばないと、いつまで経っても返済が終わらなかったり業者に有利な返済額を提示されたりします。

 

【アウトな弁護士・司法書士は存在する】
そんなアウトな弁護士事務所は、残念ながら存在しています。

 

本来、過払い金請求を始めとした債務整理を行う弁護士などは依頼主である、債務者によりそった業務を行うものです。

 

ですが、アウトな弁護士や司法書士は、自分たちまたは業者が得をする様に、業務を進めてしまいます。場合によっては資格を剥奪され、あなたの過払い金請求も途中で止まってしまい一から弁護士などを探すことになりかねません。そんな所に依頼したくないですよね。

 

【こんな弁護士はアウト!】
・消費者金融などからの紹介

 

消費者金融などに弁護士を、紹介される場合があります。ですが、この手の弁護士は提携弁護士と言って、消費者金融に依頼されて法律関連の業務を行う弁護士です。

 

そんな人に頼むと当然、あなたには不利な条件を飲まされることなります。

 

なので業者から紹介される弁護士には絶対に依頼しないで下さい。

 

・依頼したのにノータッチ
◯弁護士が何も説明してくれない
◯なぜか事務の人が相談相手
◯弁護士とほとんど話せない

 

など、本当に動いてくれるの?って思いたくなる様な弁護士事務所です。ちなみに先程の提携弁護士もその傾向があります。

 

・債務者に無理をさせる

 

過払い金請求の金利を計算し直したあとに、債務者の経済状況から返済が困難な場合でも無理やり返済をさせる、そんな弁護士もアウトです。

 

特段の理由がない限り、返済が無理なら自己破産等の、申し込みが一般的な方法です。

 

提携弁護士や無能な弁護士や司法書士にこの傾向があります。

 

・ダラダラ続く支払
債務整理後に債務者の負担を軽くする為に分割で支払にしたと見せかけて支払を永遠に続けさせる所もアウトです。分割支払の場合は今まで返済していた月々の金額より安い金額に設定します。

 

アウトな弁護士は生かさず殺さず、月々の支払をダラダラ払わせて利益を得ようとします。

 

支払が終わる期限などを、伝えて来ない弁護士事務所はご注意ください。

 

以上の様なアウトな弁護士・司法書士も居ることがありますので探すときは気をつけてくださいね。

過払い金相談の弁護士事務所の選び方

過払い金のお悩みを解消したい!そんな方には、まずは無料匿名相談がおすすめ↓

 

過払い請求は法律事務所の口コミ情報を参考にしよう
「最近、テレビCMや新聞広告で過払い金に関する広告をよくみかける・・・」と感じている方も多いのではないでしょうか。
「なんとなく過払い金が気になっているけれど、どの法律事務所に依頼したらいいかわからない」と思っている方はちょっと立ち止まって以下の内容を参考にしてみてください。

 

まず、安易にテレビCMで見かけた大手事務所などに依頼してしまうというのは適切ではありません。法律事務所も近年競争が激化しているため、相談料無料や秘密主義などをアピールして顧客の囲い込みを狙っているんです。

 

考えてみてください。テレビCMを出すのには高額の広告料がかかりますよね。その広告料を支払っても利益が出せているということは、それだけたくさんの過払い金に関する案件を処理しているということです。

 

ですが、弁護士や司法書士などの専門資格は「超難関」の資格と言われており、その資格を持っている人はとても少数なんです。大手事務所とは言っても専門家が自ら処理できる件数というのは限られているため、テレビCMなどを出してたくさんの依頼を受けている事務所は「弁護士の指導のもとに、一般の無資格の事務員が事件を処理する」という対応を行っている可能性が考えられます。

 

テレビCMでよく見かける法律相談所の口コミは?
過払い金請求でよくCM広告を出している法律事務所としては「アディーレ法律事務所」や、「ミネルヴァ法律事務所」などが知られています。

 

これらの大手法律事務所の共通点としては相談費用無料、分割払いOKという宣伝文句です。アディーレは全国で約50もの支店を持ち、約80名の弁護士や司法書士が所属。事務スタッフの所属人数は600名以上と言われています。

 

弁護士や司法書士の数に比べて事務スタッフが圧倒的に多い点に注目してください。過払い金請求などの事務処理のほとんどをスタッフが処理していることがうかがえます。

 

実際に大手事務所に相談してみたら、専門家の面談は数回だけで、ほとんどの手続きを事務スタッフに済まされたという体験談を持っている方は少なくありません。派手な広告を行っている法律事務所ほど画一的で形式的な対応を取られる可能性が高いので注意しましょう。

 

それではどうしたらいいの?とお悩みの方へ。ランキング上位の法律事務所を選ぶべき理由
過払い金請求を依頼する法律事務所を選ぶときは、名前が有名かどうか?で決めるのではなく、口コミで上位の法律事務所を選ぶ方が賢明です。

 

同じ手続きを依頼するなら専門家自身が親身に相談に乗ってくれるところを選びたいですよね。そこでおすすめなのが「街角法律事務所」という専門家紹介サイトです。相談者の居住地域に近い実績のある法律事務所を紹介してくれますよ。

 

また、名前を出さなくてもできる借金解決シミュレーターも「相談に行く前に自分の借金の状況をしっておきたい」という人の役に立ってくれます。もちろん、インターネット経由なので24時間いつでも使えます。過払い金請求でどの法律事務所を選ぶべきか迷っている方は、まずはこの街角法律事務所を使ってみてください。きっと親身に相談に乗ってくれる法律家を見つけることができますよ。

 

勇気を出して過払い金請求を行ってけれど、交渉の仕方がまずかったことで結果として借金が残ってしまい、ブラックリストにも乗ってしまった、なんてことになると目も当てられません。

 

法律事務所から相場より高い手数料を請求されてしまうケースも少なからずあるようなので注意してくださいね。

 

過払い金のお悩みを解消したい!そんな方には、街角法律相談所での無料匿名相談がおすすめ。

 

▼街角法律相談所