アコムの過払い金請求

アコムに過払い金請求をする時に注意をしなければ行けないことを最初にお伝えしていきます。

 

紛らわしい文章と複数回の利用
アコムは債務者に「これ以上の返済は不要です」といった内容の文章を送ってくることがあります。

 

これは「もう、あなたは返済の必要がありませんよ」という内容に受け取ってしまいそうですが実は、アコムには一切の債務と債権がありません、という内容の文章なのです。

 

つまり、「私はアコムにお金を借りていません」という事なのです。

 

これは、アコム側が過払い金の返還を逃れるための手段として送ってきているので、署名・捺印や返送は絶対にしないで下さいね。

 

あと、2回以上取引があった場合ですが、1回目の取引が終了した際に取引履歴に解約の文字がつくことがありますが、2回目の利用再開時にこの解約が残ったままだと訴訟の時に計算が複雑になり、判決や和解がでるまで通常よりも時間が掛かることがありますのでご注意ください。

 

アコムの過払い金請求に対する対応
過払い金をアコムに請求した場合は、比較的に素早くスムーズな対応をすることが多いようです。

 

取引開示請求をした場合は、1週間〜1か月で書類が送られてきます。

 

ただ、返還される金額ですが昔は利息を含めた満額を返還していましたが今は70%くらいになっているようですので、もしあなたが満額返還を希望するのであれば、訴訟を起さなければなりません。

 

訴訟では第一回口頭弁論の前後で和解となり利息を含めた満額返還を提示してくるケースが多いです。

 

なお、ショッピングの借入がある場合は、そちらの残高は過払い金と相殺になるので、そのへんは考慮しておいてくださいね。

 

アコムから利息を含めた過払い金を取り返すには?
アコムから過払い金を利息を含めて満額返還を取り返すためには、個人では残念ながら難しいです。

 

そのため過払い金請求は弁護士や司法書士のような、法律の専門家にお願いするのが間違いありません。